コネクタピンの抜き方

意外と知られていない、ピンの抜き方です。
精密ドライバーのマイナス(細いヤツ)が有れば確実に抜くことが出来ます。

[Back]



メスコネクター
端子をコード側から押さえるカバーが付いています。
画像では、下側にカバーが見えています。




カバーの隙間を マイナスドライバーで起こすと。



カバーが外れました。


正面から見ると、ピンにツメが掛かっているのが見えます。

このツメを上側に持ち上げる感じでドライバーを差し込み。
端子を引き抜きます。

ピンが抜けました

コネクタ内部のプラスティックのツメが判りますでしょうか?
上に押し上げる形で、ピンから外すようにします。




オスコネクター
同様に、カバーを外します。




ピン側から見ると、ツメがはっきり見えます。



ツメを持ち上げながら端子を引き抜くと。


外れました。

こちらも、ツメはこんな感じです。




小さいタイプ
同様に、カバーを外します。

基本的には同じですが、端子の上の穴にドライバーを差し込みます。




奥までドライバーを差し込み、感触で調整しつつ(少し抜いたり、刺したり。

ピンをコード側から引っ張ると、抜けてきます。


[Back]